インターステラーは何回観ても面白い

    映画は〔青い体験〕とか〔課外授業〕などの少しエロいやつ以外は、余り繰り返して観ないのですが。

    このインターステラーというのは数年前にTSUTAYAで借りて以来、もう10回以上観ていると思う。

    E1F6EA8B-1E1C-48D3-85C0-3D8A64836782.jpeg

    パッケージは地味だったが、これが大当たりでした。


    ブラックホールとか相対性理論とかが出てきてモロSF映画なのですが、ストーリーが良くて引き込まれるし、スリルは有るし、テンポも良いし、音楽も効果音も抜群だし。又宇宙人が出てこないのも良い。


    最近観た中で、というより、今まで観た中で1番面白い映画だと思った、


    この映画を観たら思い出すのが、昔に親父とした会話。

    どういうきっかけだか忘れましたが親父が

    「何光年か遠くの星を見るということは、その年数の過去を見てるいうことやろ。torよ」

    と聞かれたので僕が

    「いや、それは違うで。今見えてるのが今の星やで」

    と言って、それから、あーでも無い、こーでも無いと2人で討論して、最終的には決着が付かず話しは平行線のままだったと思う。

    多分僕は人の意識も光速以上に飛ばせられない、ということが言いたかったのだと思う。

    光速度は一定で、全ての基準になっているとするのが相対性理論だと、アホの頭では考えていて。

    この基準から時間と空間が生まれてくる。光速で移動すると進行方向に空間はぺったんこになって、宇宙の端?まで瞬間に到達出来るので時間が無くなるが、それを外から止まって観ている者には、何年もかかって光速で宇宙の果てに飛んでいる様に見える。というのを読んだ事がある。

    そういうことを考えていると、時間も空間も本当は無くて、人間の意識が勝手に有ると思い込んでいるのではないかと。

    逆に時間とか空間を認識出来るのが意識とか心では無いかと、、、、、、、、、、。

    と、色々考えだすと頭が痛いので、この辺で。




    映画の中でも相対性理論の効果で、ブラックホールの近くでは時間が早く進む設定のところが有ります。


    最近やっと観測されたブラックホール ↓

    206154F8-AE8C-4E02-8B3B-53E0A01A3A8A.jpeg

    め、めっ、目玉焼きや。


    ブラックホールは重力が超強く空間が歪んで光の速度でも出られない。光速を超えられ無いという相対性理論に矛盾しないのかなと思うのですが、実は空間自体は光速を超えても良いらしい。それなら特別な空間で宇宙船を
    囲えば光速を超えられるのではと思うのですが。


    物語の途中にワームホールが出て来たり、重力だけが時間を超える事が出来るとか、家の本棚の裏に繋がるとか、タイムパラドックス的であったりとか無理クリな所も感じるのですが、それはストーリーを面白くする為には仕方ないこと。


    そういうところも含めて何回でも観たくなる最高傑作だと思う。

    スポンサーサイト



    コメント

    Secret

    アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン大好き

    YANさん、こんにちは。
    「大人バイオリン死ぬまでにできたい10のこと」のmylifewithviolinです。最近はコロナ休業で少し暇してます。
    私も「インターステラー」は劇場の予告編で衝撃を受けて早く公開されないかと待ち遠しく思ったのを覚えています。その後、劇場のロードショーで一度拝見した後はレンタルのブルーレイで数回観ています。気に入ったディスクは割と買う方なので、こんど買っちゃおうかな。

    Re: アン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン大好き

    返信が超遅くなってしまい申し訳ありません。
    また更新するので、どうかこのブログを見捨てないでください。
    コメントありがとうございます。
    ブログ記事を長く更新していなかったので、自動的にコメントに承認が要るようになったようです。
    それに最近は、このコロナ渦の中、パチスロにハマっていてブログのページさえ開いていないという落ちぶれよう。
    そろそろ更生してブログを書こうと思っています。

    インター・ステラーはあれから更に20回ぐらい観て、流石にちょっと見飽きたかもです。
    この映画はやっぱり大画面の迫力画面で観てみたいです。
    今は家では29インチプラスDVDなので、そのうちスロットで大勝ちして、70インチプラスブルーレイに出来たら良いなと思っています。



    プロフィール

    YAN

    Author:YAN

    最新記事
    にほんブログ村
    ランキングに参加しています
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる