自作スピーカー その後

    自作スピーカーの記事が尻切れトンボになっておりました。


    今はこうなっています。

    20190329142052969.jpeg

    メインのユニットとツィーターが変わっています。


    そして型番も考えて、SB1と命名した。

    SBはスタガード・バスレフ方式ということと、サラ・ブライトマンが好きという事から。それの1号機でSB1。SBのカレーとは関係が無い。うちはハウスのジャワカレー派だし。


    前回の記事では、低音の不満点解消の為にウーハー部のコイルを空芯の3.3から、コア入り6.2mhに交換した所で終わっています。

    結果は、パッと聴きでは低音のゴツンとした量感が増えて良くなった様に感じた。でもよーく聴いてみると3.3に比べて低音が重たく、お団子になっている様な感じもする。これは耳の慣れ等もあろうかと、しばらく聴いていたが、やっぱり3.3の方が良い。

    で、それならと逆に振って1mhも試してみたが、これは中域にまで影響が出て来て、音が汚く喧しくなったので即却下となった。

    結局、元の3.3mhに落ち着いたのだが、不満はそのまま残っている。

    これは根本的な改造が必要だ。

    という訳でメインのフルレンジをFF165WkからFE166Enに変更した。元々、FFの方は主にルックスが気に入って選んだのだが、もう少し見飽きて来た。それに音質も思ったほどでは無い(個人的意見)。

    FEシリーズの16センチは聴いたことがないのだが、20センチの方は好みの音なので、16センチも好みに合うと予想した。
    FFでは必要だった0.47mhのコイルも外してみる。

    取り替えは、バッフル穴径と取り付け穴位置が同じなので簡単。

    ツィーター側のネットワークはそのままで、FEにして取り敢えず聴いてみると、

    「おお、これはいい感じ」

    FFと比べると音色が明るく歯切れが良くきめ細かい。中低音が不足気味になるかと思っていたが、逆に力強くなっている。
    新品なので高域がキツイが、FFよりはずっと聴きやすい。

    FFはギンギン、カンカンで、FEはシンシン、シュンシュンという感じ。

    FFにはハイカットコイルが無いと聴きづらい(個人的感想)が、FEだとスルーで余裕。

    「これは行ける」となったので、ハイカットコイルの入っていないFEに合わせて、ツィーターのネットワークを変更。3.3μFから1.35μFに。アッテネーターはマイナス15dbに。

    ツィーターはコーラルH105そのままでも良かったが、少し高域が賑やかに感じたので、フォステクスFT90に変更。

    201903291420511a6.jpeg

    こっちの方が自然な音だ。


    低域はメインをFEにして力強さが出て来たので、ウーハー側のダクトも少し狭めて、締まりを出しつつローエンドも伸ばしたい。そのためダクトに18ミリ厚合板を追加して狭める。(これは置くだけ)

    20190329142054b08.jpeg


    パチンコに、うつつをぬかしつつも、ここまで改良。


    聴感上で少しハイ上がりと感じたので、アンプのトーンコントロールでベースをプラス1、トレブルをマイナス1にして、現在これで聴いている。

    試しに周波数特性を調べて見ると

    201903291420509dd.jpeg

    こんなん出ました。

    80と200ヘルツが少し凹んでいるが、これは測定した右チャンネルだけで、左チャンネルでは、ほとんどフラットになっている。

    全体としての音は、以前の不満点をほぼ解消して、理想に2歩ぐらい近づいた感じ。

    エンヤ、サラ・ブライトマン等、重厚で美しいメロディーの高音質のソースだと麻薬的な音が出てくる。

    麻薬の経験は有りませんが (≧∀≦)

    こういう音は、やっぱりFFよりFEが得意。中域の伸びやかさや、きめ細かさが無いと麻薬にならない。

    バックロードホーン方式だったら、強力ユニットの使用でもっと麻薬的な音になるのだが、こちらは刺激がキツ過ぎて長時間聴けない。

    SB1が○麻サウンドだったら、バックロードだと○カインか○ヘンサウンドという感じか。

    スポンサーサイト



    プロフィール

    YAN

    Author:YAN

    最新記事
    にほんブログ村
    ランキングに参加しています
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる