小泉さんのCD

    2016012610113810f.jpg

    20160126101018dfc.jpg

    201601261008580d6.jpg

    20160126100743555.jpg

    小泉さんのCDはアナログ盤を含めて20枚ぐらい持っていて、
    その中でも、この4枚が特にお気に入りです。
    曲は勿論いいのですが、録音、音質が特に素晴らしい。

    音質へのこだわりというと、クラシックとかジャズというジャンルが
    注目されがちのような気がしますが、ポピュラーや歌謡曲にも
    良いものが沢山あるとおもいます。

    しかし、今は余りお金を掛けれなくなったのか、
    音の良いものが少なくなったような気がしています。


    最近は女優業が中心の小泉さんですが、歌手としても大好きで、
    あの少し鼻から抜けたような感じの魅力的な歌声で、思わず、
    うっとりしてしまう。ファンとしてはたまりません。








    ほど良く積もりました



    大雪で大変な地域もあったと思いますが、当地域ではこのぐらい。


    20160125112618770.jpg


    2016012511284413d.jpg


    20160125113108ff5.jpg



    20160125113844d0e.jpg

    ミイコのみ外に出してみました。
    この子は雪に慣れていますが、この冬は初めてなので、落ち着き無く
    戸惑っています。

    クルミはまだ野生が残っていて、一度外に出たら呼んでも帰ってこないから、
    しばらくは外に出さないつもり。


    20160125112348c4e.jpg

    しばらくすると、
    やっぱり雪は嫌い、中へ入れろと。


    201601251140236a2.jpg

    うんやっぱり私はココがいいわ(^-^)




    なかなか良い画像が撮れません

    リスニングルーム(そんな良いもんかっ)に入れるとこうなります。

    20160124111941ba2.jpg

    20160124112315c98.jpg

    201601241124496a1.jpg

    2016012411213649e.jpg

    20160124112801570.jpg

    ソファーは人工皮革の、わりといいやつですが、
    ここを掻くと気持ち良いらしく、部屋へ入ると先ずここへ。
    掻くたびに叱るのですが、それも楽しいらしく、
    なかなか止めてくれません。

    猫の習性として、狭いところへ入りたがる。
    すぐにスピーカーのホーンの部分に入っていき、奥へ奥へと突き進む。
    ミイコが子供の頃、目を離したスキに、かなり奥まで入ったことがあり、
    その時は慌てて尻尾をつかんで、引っ張り出したりしました。
    ホーンなので先へ行くほど細く、しかも迷路のようになっています。
    あまり奥まで入ったら、身動きとれなくなって出られなくなり、
    そうなったら大事だ。
    気を付けなければ。







    ツィーター

    今日は天気予報では雪ですが、今のところ積雪ゼロ。
    雪が積もったらミイコを外へ出して撮影したかったのに、
    これでは撮影出来ません(≧∇≦)
    といっても、あまり積もると雪かきが面倒臭い。
    丁度いいぐらい、10センチぐらいで、まけとってほしい。

    雪が積もると、オーディオの音が良くなるような気がする。
    屋根の雪のダンプ効果かもしれない。

    というわけでスピーカーの続き

    20160124100432fc4.jpg

    20160124100801c34.jpg

    ツィーターはフォステクスのFT90Hを、ローカットは0.47μFで
    同相にて使用中です。
    少し音がキツイ気がしたので、ホーン外周にブチルゴムと鉛テープで
    ダンプしています。少し効果はあったと思います。

    下はコーラルのH105、フォステクスより明るい音で、
    こちらも気にいっているので、たまに取り替えて聴いています。

    それにしても古い機種で、骨董品レベルな気がしますが、
    まだちゃんと普通に鳴ってくれるので、当分これで行くつもり。
    寿命がきたら、次はフォステクスのT90Aに替えてみたいです。




    Σ vs EΣ

    2016012311075875e.jpg

    現在使っているのが、フォステクスFE208Σ。


    2016012308260826d.jpg

    こっちがFE208EΣ。
    一時期こっちを使っていました。これが発売された時、
    マグネットの大型化や振動系の大幅変更で、Σより良い音がしそう
    だったので、早速交換しました。

    始めはやはりエージング不足で、低域はボン付き、中域は引っ込み、
    高域もあまり伸びていません。
    半年ぐらい経つとボン付きが減って、高域が伸びてきましたが中域は
    変わらず。この音には満足できませんでしたが、吸音材やセッティングを
    色々変更しつつガマンして聴いていました。
    8年ぐらい経つとユニットがへたってきたのか、バックロードの癖が
    強調されるようになり、中高域にも聴きずらい音が出てくるように。
    予定と違う。 もっと低域が伸び、キメ細い音になるはずだったのに。

    結局、元のΣに戻すことに。
    改めてΣを聴いてみると、抜けがよい感じで、低域も負けていない。
    中域はΣの方が張り出してリアルな感じ。キメも細い。
    癖も少なく長時間聴いていられる。

    という訳で、私の感想はΣの勝ちです。

    EΣは、もっと大音量でエージングすべきだったかも。
    エージング不足のまま寿命がきてしまったのかもしれません。
    それか、エンクロージャーとの相性が合っていないのか、
    D-55やD-57だったら良かったかもしれませせん。






    雑種2匹

    201601222239225b2.jpg

    20160122224619d01.jpg

    まだ距離がある2匹


    201601222248035e3.jpg

    20160122224921bb3.jpg

    ミイコ、なにか言いたそう





    バックロードホーン

    201601211408046a9.jpg

    今では珍しいバックロードホーン、長岡式D-50。
    D-55以降のスピーカーは、まだ使っている人が多くても
    D-50はかなり珍しいんじゃないかな。

    使い始めて30年以上経ち、ユニットは3回交換しています。
    その間、色々試してみました。
    現在は空気室の下部をセメント詰めして、2Lぐらい減らし、
    吸音材は無しの状態で落ち着きました。

    音は今のところ、わりと満足していて長時間聴ても疲れない。
    サラブライトマンとかエンヤが、とてもいい感じ。




    猫 2匹

    20160121102730cdd.jpg

    これは2匹でオヤツを食べているところ。
    右が先輩猫のミイコ、左がクルミ。
    よく似ているが、ミイコはやや肥満体、
    クルミは少し痩せていて、完全な成猫でないので、
    ミイコよりふた回りぐらい小さい。
    多頭飼いになって一ケ月。だいぶ仲良くなってきたが、
    まだまだ。
    僕としては、早く戯れあうところまでいって欲しい。



    猫

    これはミイコ、寒いので、ここから余り出ない。
    なかなかカメラの方向いてくれない。
    というか、撮るのが下手すぎる。


    猫

    これはクルミ、だいぶ家に慣れてよく遊ぶ。


    20160121102550196.jpg

    雪を眺めているクルミ。
    もしかしたら始めての雪かも。












    猫ちゃんとオーディオの紹介

    20160120150812d51.jpg

    この子は4才半で名前はミイコちゃん。少し寝ぼけています。
    プロフィール画像は、この子が1才頃のものです。


    20160120161305771.jpg

    この子は元ノラだったので、推定1才と少しぐらい。
    名前はクルミちゃん。




    20160120164619e74.jpg

    こちらはオーディオ装置、スピーカーは長岡式バックロードのD-50。
    もう30年以上使っています。
    他のコンポも古いものばかりだが、聴く音楽も古いものが多いので、
    これでもわりと満足しています。

    音楽のジャンルはポピュラー中心で、
    最近はサラブライトマンやエンヤがお気に入りです。
    プロフィール

    YAN

    Author:YAN

    最新記事
    にほんブログ村
    ランキングに参加しています
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる