寒いのに

    部屋は暖かくてもクソ寒い縁側に固まる三匹。

    2017012213553524d.jpg




    20170122135538f65.jpg
    あくび



    2017012213553987e.jpg




    20170122135537f6d.jpg

    3匹固まっていたら寒くても平気という感じで、ここでお外を眺めながらくつろいでいます。

    僕をスルーしていつ迄もそうしていられると、

    少し寂しいんですけど (≧∀≦)
    スポンサーサイト



    ST50の改造?

    7月にST50を作って4ヶ月ほど聞いているわけですが、エージングも大分と進んで来ていると思われ、傾向としては低域の量感アップと中高域の滑らかさの向上などが有りました。

    もう少しはこのまま聞こうと思うのですが、長年バックロードを愛用していた者としては、やはり音のリアルさや低域の力強さに少し不満が有ります。

    聴きやすいのはST50の方で、この点は満足しています。

    もう一つ、音場感や立体感もバックロードの方が良かった様な気がする。ST50はフルレンジが縦に2発並んでいるので、フルレンジ1発のバックロードより不利になっているのか、それともユニットの能率やクオリティの差? あるいはバックロードの場合ホーンからの残響音が効果的に働いていたのか?

    まあ、良く分からないのですが(^_^;)

    それで今うっすらと思い付いている改良が有るのですが、それはユニット(FF165Wk)を背面に一本追加する事。少しエンクロージャーの容積が不足ですが行けるんじゃないか、と考えています。

    ネットワークは前面の下のユニットと背面のユニットを並列接続にして、3.5mHのコイルを使用してウーハー的に使い、前面の上のユニットは1mHにしてツィーターとつなぐ方式。

    こうすると、予想としては中低域〜低域の量感がアップする。低域の伸びは抑えられるかも知れませんが、振動板面積が1.5倍になっているから、伸びについては同等になる。又瞬発力も向上するはず。

    中域、中高域は前面2発のデメリットが無くなり、よりスムーズになる。

    と、良いことづくめ様ですが、エンクロージャーの容積不足等で逆効果となり音が悪くなる可能性も有ります(・_・;

    2016111318161204b.jpeg

    あと何ヶ月か聴いてみて、不満が増大する様ならやってみようと思います。

    その間にエージングがもっと効果的に進むか、あるいは耳が今の音に慣れてしまったら、改良はしないでこのまま聞いていると思います。

    クルミ、ゲロ

    一週間ほど前にハウスの中にゲロをしてしまったクルミ(≧∇≦)

    201610311104396b0.jpeg
    直ぐに掃除はしたのですが、



    気持ち悪いのかこっちのハウスへ引っ越した
    20161031110438532.jpeg




    20161031110437fab.jpeg
    こちらの方が少し狭くて居心地悪そう(^_^;)


    キレイに掃除したから戻れば良いのにと思っていましたら


    20161031110435a81.jpeg

    いつの間にか戻っていました (^o^)/

    嫌な匂いが取れたのか、

    それとも、

    猫の記憶力って一週間ぐらい⁉️




    子猫は網戸が好きッ(^o^)/

    レオの体長は今でミイコと同じくらい、でも体重は半分ぐらいだと思う。

    身軽でやんちゃ盛りなので、やはり網戸によじ登るのが好きです。

    201609301756338ea.jpeg
    ジィーー



    2016093017563037b.jpeg




    2016093017562716d.jpeg
    ショワーッチ(*^o^*)

    ちなみにジャイアントロボだとマッシュ、仮面ライダーだとトォー、ミラーマンだとオリョー、キューティーハニーだとハニージャンプ、アンドロ仮面だとラー、ダーナだとダアァー、空手バカ一代だとチェストー(^o^)/



    20160930175629533.jpeg




    201609301756312d5.jpeg

    それにしても、丈夫な網戸。

    これだけ引っかかれてもビクともしていません。

    でもこれがミイコだったら荷重オーバーかもです(≧∇≦)

    自作スピーカーのネットワーク変更

    今日は雨で稲刈りが無かったので、のんびりとスピーカーいじり。

    ツィーター側のハイパスを0.47μFだけで行っていたのを、3.35μF+アッテネーターに変更した。

    より良くなるかどうかはわかりませんが、こっちの方が少しはオーソドックスな筈です。

    オーソドックスといえば、本当はクソ高能率のホーンツィーターより、ドームツィーターの方が相性が良いのかも知れません。


    アッテネーターはフォステククスのR80Bを使用。

    3.3のコンデンサーは手持ちが無かったのですが、フォステククスのCSシリーズの3.3だと7800円もする。

    こ、これは高すぎる。

    CSシリーズの音が良いのは知っているのですが、これは使わずに手持ちの2μFと1.35μFの並列使用で間に合わせます。

    2μFの方はフォステククスの古い物で音は普通ですが、1.35μFの方はラムダコンデンサーなので、これならCSシリーズ並みの音質になるのでは?

    以前はコンデンサーによる音質の変化が確かにわかりましたが、ハテ?この歳の今はわかるのかな、という気はします(^_^;)


    こんな感じに。フルレンジ側のコイルは0.47mHのままです。
    201609081700366d3.jpeg




    20160908170037eca.jpeg




    201609081700386c5.jpeg

    アッテネーターは最初➖10dbぐらいかなと思ったのですが、測定と試聴の結果➖15dbでバランスがとれました。

    という事は、この自作スピーカーの能率は4Ωの93dbぐらいという事になります。

    音質は以前よりソフトさが減ってハッキリクッキリ感が出てきた感じ。ギターなどがリアルになり、低域も少し力強くなった様です。

    高域の伸びは、やはり小容量コンデンサーのみのアッテネーター無しの方式が良くて、20Khzでは10dbぐらいの差がついています。

    でもこれは僕の耳が16Khzより上は全く聞こえないので、特に気にしない事にします(≧∇≦)



    プロフィール

    YAN

    Author:YAN

    最新記事
    にほんブログ村
    ランキングに参加しています
    最新コメント
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる